Loading...

Magazine

クラフトビールとたべる【スタンドうみねこ】

 

こんにちは!スタンドうみねこ のまなみです!

前回、大・大・大好評だった【クラフトビールと食べる】!
あっという間に店内が満席となり、美味しいお料理とビール。またシェフがセレクトしたワインで楽しいひと時を過ごしていただきました。

 

食欲の秋!ということで、第二回目の開催が決定しました*

9月22日 (日)

16:00〜22:00

‐‐‐‐‐‐
岡山・笠岡市を拠点として『本物の美味しい食べ物を作る』ことをスローガンとして農作物の生産を行っている『farmanic』と、フランス・三ツ星レストランで修行された今西大和シェフが岡山で行われている大人気イベント『FARMANIC × YAMATO IMANISHI』
“料理に隠された本当の魅力”を伝える大人気のイベントです。

岡山で開催の際は、回を重ねるごとにどんどん話題となり、県外からわざわざ足を運ばれる方も多いそう。

テーマは『クラフトビールと食べる』

長期肥育され、旨味が詰まった谷本牛を使用しクラフトビールに合うタパスをご用意いたします。

ナチュラルワインのご用意もございますので、クラフトビールやワインとのマリアージュを是非お楽しみくださいませ。

———

■谷本牛とは■

『谷本牛』のお肉は赤身の旨味が最大のポイント。
子牛からの飼料管理と長期肥育によって、お肉の美味しさを最大限に引き出しています。

一般的に牛を育てる農家は、子牛を育てる農家とその子牛を買って大きくなるまで肥育し出荷する農家に別れています。

しかし谷本牧場では、子牛からの体作りこそ重要と考え、契約農家を含め子牛の頃から独自の飼料管理を行っています。

また、一般的には、早く大きくすることで飼料代を節約することが、利益を出すために重要とされていますが、谷本牧場では、ゆっくり、じっくりと長期肥育することで、お肉が最高に美味しくなったタイミングで出荷しています。

—-farmanicより引用—-

今回、谷本牛を調理してくださるのは、今西大和シェフ。

フランス・ミシュラン三ツ星の世界最高峰のレストランである、セプティーム、ル・シャトーブリアンで修行をされていた今西シェフは、帰国後も大阪のワインバーで料理長兼店長を務められるなど様々な『食』に関わられているプロフェッショナルです。

場所に限りがございますので、混雑は予めご了承頂けますと幸いです。
また、ドリンク・フード共に数に限りがございますので無くなり次第終了となります。お早めのご来店、お待ちしております。