Loading...

紹介

最適な手すりで負担を軽減!安心した生活を!

しおいり

こんにちは!

テクノエイドシクロのしおですー!

 

天気の悪い日が続いてますね・・・

雨女の私は、外に出るたびに雨が降って…辛い日々を過ごしています。

今まで認めたくはなかったですが、母譲りの天然パーマのようです。

雨が降ると髪の毛がくねくねクネクネします・・・

天気が悪い日は、私の髪も足元も状態が悪くなってます!ご注意ください!

 

前回、勝手口に設置できる昇降用の手すりをご紹介させて頂きましたが

今回は室内用の手すりのご紹介です!

 

自宅の中でも、転倒の原因になるわずかな段差がたくさんあります。

高齢者になると運動機能や筋力が衰えているため、たとえ自宅の中でも転んだ際の衝撃の度合いや打ちどころによっては、骨折をしたり、後遺症が残ったりすることがあります。

そのため、手すりは歩行の手助けや動作補助だけでなく怪我を防ぐ役割もあるのです!

 

最近の手すりは、クギを使わず設置ができるものが多数あるんです!!

まずは、据置型

トイレ内に手すりがないなら、置けばいいんです!

写真は片手すりのタイプですが、両手すりもございます。

据置型は、様々な形状がありソファーやベット横に設置できるものもございます!

 

その他にも、つっぱり棒型

トイレやお風呂の出入り口に設置すれば、安全にドアの開閉が行えます。

つっぱり棒型を組み合わせれば、玄関から部屋までの動線をカバーする事も可能です!

これを利用すれば、階段にも設置可能です。

これらは、住宅改修ではなく介護保険でレンタルが可能です!

賃貸住宅でも、クギを使用しないので安心して設置いただけます。

ただし、天井の状態や設置スペースなどどこにでも設置できるわけではないので注意が必要です。

 

自分のため、家族のため、危ないなと思ったら手すりを設置しましょう!!

怪我をする前に予防!これが1番です!

 

少しでもご興味あれば、ぜひご相談ください。