Loading...

Magazine

杖について知ろう!第二段!!

しおいり

こんにちは!

テクノエイドシクロのしおいりです。

 

以前、杖の種類についてお話させていただきましたが、今回は「杖の使い方」についてです。

 

せっかく杖を持って歩いていても正しい使い方をしないと杖の力を十分に発揮できない!!

私自身、杖を使ってみてつくづく思いました。

基本的な使い方をご説明します。

 

杖の持ち方

人差し指と中指で挟むようにして握ります。

※グリップ(持ち手)の一部だけ握ると不安定になり危険です※

 

 

杖のつく位置

杖は痛い足と反対側につきます。

 

 

正しい歩き方

3動作歩行(右足に痛みがある場合)

①痛みのない側(左手)の手で杖を握ります

②まず杖を前にだします

③痛みのある足(右足)を前に出します

④反対の足(左足)を前に出します

この一連の動作を繰り返して歩行します

3動作歩行の特徴は常に2点で体重を支えバランスに優れ安定性が高いです。

 

2動作歩行(右足に痛みがある場合)

①痛みのない側(左手)の手で杖を握ります

②杖と痛みのある足(右足)を同時に前に出します

④反対の足(左足)を前に出します

この一連の動作を繰り返して歩行します

2動作歩行の特徴はバランスと歩行速度が得られやすいです。

 

 

 

階段での使い方

 上り方

   杖 → 元気な足 → 痛い足

 下り方

   杖 → 痛い足 → 元気な足

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

間違った杖の持ち方をしていませんか?

杖を正しく使えば体にかかる負担や痛みを軽減し歩くことが出来ます。

基本を理解した上で、自分に合った角度や体重を支えやすい位置を探してみてくださいね!