Loading...

イベント

七草がゆ

デイサービス プロトンです。年末年始も底冷えすることなく天候に恵まれましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。1月7日(火)にプロトンでは食事の際、七草がゆを食べていただきました。

七草がゆはその名の通り「春の七草」を入れたおかゆのことです。みなさんは七草すべて言えますか?

せり なずな ごぎょう はこべら ほとけのざ すずな すずしろ

七草がゆの歴史は古く、枕草子にも記録があるそうです。平安時代からすでに宮中行事として行われていたんですね。

では、どうして1月7日に七草がゆを食べるようになったのでしょうか?それは「節句」という言葉が深く関係しています。「節句」とは無病息災を祈って邪気を覗く節目となる季節の変わり目のことを言います。1月7日は「人日(じんじつ)の節句」と呼ばれるそうです。

昔の風習を知って七草がゆを食べるのもいいですが、おせち料理やお正月のご馳走で胃腸を疲れ気味。疲れた胃腸を休めるのに、ちょうどいい七草がゆで、新年を気持ちよくすごしたいですね。

最後になりましたが、今年もよろしくお願いいたします。